« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

切り替え

少々放置気味でした。

相変わらずな生活です。
忙しいといえば忙しい。

シーズンもあと4日ほどで一区切りですが、その一方で来季に向けた
動きも本格化していいて、さらに高校生は1ヵ月後に試合。
色んなことが同時進行で、しっかり切り替えをしていかないと
中途半端な感じになってしまいそうです。

さ、がんばろ。
とりあえず新しい手帳を買いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トレーニングは最初から追い込む
ネガティブな言葉は発しない

自分が仕事する上でよく強調しているのがこの2つ。
もちろん、色んなケースがあるんで例外もあるけど、やる上での
姿勢として大事な部分に据えています。

「きつい」と言ったらアゲインだったり。

今日、あるテレビ番組で脳の話を取り上げていて、そんな話題が
出てきました。

テレビで取り上げられたから、、ということだけでなく
自分が大事にしてることを他の誰かが同じように考えてると知ったこと。
そのことが嬉しいというか、なんというか。

トレーニングジャーナルでも同じようなことが載っていました。
もちろん自分も根拠なく言ってるわけじゃないですが、そういうものが
増えてくるとそれが自信とか確信につながったり。


これからもどんどん追い込んで行きます。

なんとなく記しておきたかったので、この辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進化

11月。
サポートしているチームも終盤を迎えています。
トーナメントでもリーグ戦でも勝ちを掴まなきゃいけない状況は
変わりません。

選手が無理を強いられていく中で、とめることも必要だけど
出られるようにもってくのも大事な仕事。
怪我してなんでもアウトじゃいる意味がない。
もちろん止めなきゃいけないことは何があっても止めないと
いけないわけですが。


選手だけでなくスタッフも真価がそして進化が問われるところ。
そういう状況にいられることをプラスに考えていきたいです。


さ、頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー観戦 早稲田vs帝京

久々に秩父宮へ。
今日の神宮エリアはスポーツイベントだらけ。

国立:ナビスコカップ決勝
神宮:早慶戦
で秩父宮は早稲田vs帝京。

大学ラグビーは久しぶり。なかなかスケジュールがあわず。

試合の方は終始帝京ペース。
早稲田もタレント豊富なんですが、それをうまく殺してた感じ。
相手を走らせないタックル、接点での激しさ。
早稲田はリズムに乗れない感じ。
キックで敵陣に入ってもセットのミスが響いて、、、という繰り返し。

前半終わりのカウンターで後半流れが変わるかと思ったけど、
それも起きず。
点差以上に差があったかなぁという感じです。

一昔前は早稲田のスクラムは決して強くなかったけど、最近は
強力FWということでスクラムを押されたりなんてなかなか見なかった
けど、今日はFW戦も帝京が優位に立ってました。
ペナルティでもスクラム選択してたり。

そしてルール改正によってモールを引き倒すシーンも沢山。
ちょっと新鮮でした。

帝京は明治との対戦はあるけど、対抗戦1位の可能性も高いです。
別に早稲田が嫌いとかそんなんじゃないです。
でも、歴史が動くというか、そういうのは沢山起きてほしいなと。
それが活性化にもつながりますし。

早稲田がリーグ戦で敗れたのは53試合ぶり?
そう考えると貴重な一戦を観たと言うことでしょうか。
両チームのサイト
帝京大学ラグビー部
早稲田大学ラグビー部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »